野球

センバツ2018二刀流の大谷(中央学院)とは

更新日:

こんにちは。MOKUです。

なんだか急に暖かくなり
桜も慌てて開花しましたね!

いよいよ春ですね~。

春といえばセンバツ甲子園!

高校球児のはしくれだった私。

やはりこの時期になると
気持ちが高ぶってきます。

二刀流の大谷選手がセンバツに登場!

3月23日(金)に開幕する
春のセンバツ甲子園大会。

今年もプロ注目の好選手が
多数ひしめいています。

その中で、
春夏通じて初出場、
中央学院(千葉)のエースで4番、
大谷拓海君が“二刀流”
として話題です。

高校野球でエースで4番は
決して珍しくはない。

でも、この大谷君には
投げても打っても
どこまで伸びるのか
大きな可能性が感じられます。

しかも名前が「大谷」
ということで、“二刀流”の夢を
重ねたくなるんでしょうね。

一部では既に「ニューオータニ」という
異名で呼ばれるそうですよ!(笑)

去年秋の明治神宮大会で活躍

大谷拓海君擁する中央学院は
去年の秋、千葉県大会で準優勝。

続く関東大会を優勝の好成績。

そして11月の明治神宮大会で
明徳義塾と対戦しました。

 

大谷君はこの試合、
8回に強烈なホームランを放ち
注目を集める存在に。

Youtubeにも動画がありますが
左打者の大谷君が、
逆方向のレフトスタンド中段へ
強烈な打球を放り込んでます。

投げても9回を力投したものの
前半の失点が重くのしかかり
3-5で敗れています。

因縁の明徳義塾と対戦!

いよいよ初の甲子園の
マウンドに立つ大谷君。

先日の組み合わせ抽選会の結果、

初戦の相手はなんと・・・
因縁の明徳義塾に決まりました!

  • 大会3日目の3月25日
  • 第一試合 9:00開始

ドラマのような展開ですね。

「一番当たりたいのは明徳義塾。今度は勝てると思う」

抽選前に↑のように語っていた大谷君。

この半年で自らの課題を克服し
さらに自信を深めている様子。

↓またこうも言ってます。

「打つのも投げるのも好き。甲子園では150キロを出して打者では4番の仕事をしたい。逆方向の打球なら全国でもトップ争いできると思う」

なんとも力強い言葉ですね!

昨秋のリベンジと
闘志を燃やしていることでしょう!

ただ、明徳義塾は
大阪桐蔭と並ぶ優勝候補。

明治神宮大会の覇者でもあります。

全国屈指の強豪校だけに
簡単に勝たせてはくれないでしょう。

 

どんな試合展開になるのか?
いまからワクワクします。

何より、お互いに力を出し切った
好試合になることを期待してます!

未完成な若い才能が、1つの試合、
1つのプレーで大きく成長する。

それが高校野球の魅力ですからね。

以上、
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

-野球

Copyright© 婚活応援!MOKUのブログ , 2018 All Rights Reserved.