育児

[育児]娘(生後9ヶ月半)絶賛ずりばい中

更新日:

こんにちは。MOKUです。

今日で3月も終わり。同時に桜も終わり。

つい先日までの厳寒が嘘のようです。

一昨日などは夜も蒸し暑くてエアコン除湿つけてしまいましたよ・・・。

さて今回は、毎日部屋中を「ずりばい」しまくっている生後9ヶ月半の娘について書きました。

ずりばい

生後9ヶ月半、ずいばい中

初めての春を迎えたわが娘。

2月中旬頃から毎日、部屋中を「ずりばい」するようになりました。

ずりばい

はじめは「ズ、ズ、ズ・・・」とじれったいような動きでしたが、ひと月を経過してすっかり慣れた様子。

今ではリビングのフローリングの上を「ズバーッ!ズバーッ!」っと滑るようにずりばってます。

生まれた頃は何にもできなかったのに

もしかしたら、うちの子は他の子より少しのんびり目?かもしれません。

それでも振り返ってみれば、わずか9ヶ月間の成長ぶりに目をみはる思いです。

生まれてしばらくは寝転がってるか泣いてるかだけ。

言ってみれば「柔らかいかたまり」でした。

昼寝中

しばらくして、手足をバタバタさせるように。

お、そろそろ寝返りがくるかな・・・?

でも、寝返り、

できそうで・・・できない。

あとちょっと。

ほんのちょっとのコツなんだろうけど・・・。

急かすようなことはないものの、寝返りしそうになると、固唾を飲んで見守る日が続きました。

そしてついに、

生後6ヶ月目にして寝返りに成功!

寝返り

はじめて寝返りできたのは平日昼間だったので、妻がLINEで写真送ってきました。

寝返りはだいぶ手こずったものの、それからずりばいへの移行はわりとスムーズ。

上に書いた通り今では、親がちょっと油断しているとあっという間に部屋の端っこまでズリズリー!

なんでもかんでも掴んでは口に入れようとします。

成長っぷりに目を細めつつ、タンスや机の角にぶつけないか、棚からものを落っことさないか、つねに目が離せません。

子どもが動く範囲やスピードが上がるたびに、家具などの配置見直しを迫られています。

嬉しい悲鳴ですけどね。

成長していく姿をしっかり見届けたい

ずりばいの他にも、親の動きをマネして爆笑したり、

「いただきます」「ごちそうさま」で
手を合わせることを覚えてたり、

絵本を読み聞かせてるときも
よく笑ってくれるようになりました。

次はハイハイ、つかまり立ち。

そして歩き出す日もそう遠くないでしょう。

日一日とできることが増えていくわが子。

親として

「元気に大きくなってほしい」

心からそう思うと同時に、

「今のままでいてほしいな・・・」

相反する思いが交錯します。

予想もつかないハプニングあり、夜泣きもあり。

慌ただしい毎日が続いています。

でもきっと過ぎてみれば、あっという間だったと思うんでしょう。

この歳にして幸運にも授かったわが子とのかけがえのない時間。

できるだけ長く一緒にいて、良い時間を共有したいです。

ーーー

この記事はここまで。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

  • 追伸:ついさっきも娘が危うく室内干しスタンドを倒しそうになり肝を冷やしました(汗)

あなたがやっている「子どもの安全対策」でオススメがあればぜひ教えてください。

-育児
-, ,

Copyright© 婚活応援!MOKUのブログ , 2018 All Rights Reserved.