書評

「論語」文庫本のオススメはこれ!

更新日:

こんにちは。MOKUです。

三十過ぎてフリーターから脱出し、四十で遅まきながら家庭を、四十半ばで子どもを授かりました。

「不惑」どころか「大惑」なワタクシ。

今回は、そんな私が最近読んでいる本「論語」について書いてみます。

論語

毎晩「論語」を読んでます

最近、寝る前に「論語」を少しずつ読んでます。

一気に読み進めず、日にせいぜい見開き1ページか2ページくらい。

少しずつ読んで意味をかみ締めるようにしています。

2500年後の今も心に刺さる言葉たち

「論語」というと中国の古典中の古典、東洋哲学の源流。

ついつい読む側も身構えてしまいます。

でも、実際に読んでみると、別に難解な本ではありません。

何千年経とうと変わらない、人として大切なことが淡々とつづられています。

ただ、見慣れない漢字が多く、しかもその一文字に込められている意味が多様。

ここが現代の私たちにとって敷居が高く感じてしまう点ではあります。

もちろん、全ての内容が現代にそのままあてはまるわけではありません。

古いしきたりを頑なに守るところや長幼の序を重んじ過ぎているように感じる箇所もあります。

でも、短い言葉で本質をズバッと突く。

孔子の言葉の切れ味は痛快です。

眠る前のほんの5分でも読んでわが身を振り返る。

気持ちを整えて布団に入れる感じでとてもいいです。

じつは「巨人」だった孔子

ところで、ちょっと話がそれますがこの孔子。


じつは、身の丈が2m以上の超・大男だったらしいですよ。

けっこうびっくりしませんか?

身長は9尺6寸、216cmの長身(春秋時代の1尺=22.5cmとして計算)で、世に「長人」と呼ばれたという(『史記』孔子世家)。 容貌は上半身長く、下半身短く、背中曲がり、耳は後ろのほうについていたという(『荘子』外物篇)。
孔子 - Wikipedia

216cmの長身・・・。

智慧や徳だけでなく外見も人並み外れていたんですね。

・あだ名が「長人」
・胴長・短足
・猫背

その上、耳が後ろのほうに・・・って

全然「聖賢」っぽくないですね。

いったいどんな人だったんでしょう?

はじめて孔子の外見について読んでとき勝手に描いていたイメージがガラガラガラ・・・!

と崩れていったのをよく覚えています。

それまで私の中では、穏やかな賢い老人。
あえて動物にたとえるならフクロウ。

勝手に、そんな人物のように思い描いてました。


史記や荘子に書かれている通りの人物だとすると、人間離れした、宇宙人のような姿すら想像してしまいます。

ちなみに、バスケットボールNBAで活躍した中国人の姚明(ヤオ・ミン/ようめい)選手は身長229㎝だそうですよ。

ちくま文庫・斎藤孝訳がおすすめ!というか好き

はい。

話を「論語」に戻します。

ちなみに、今私が読んでいるのは斎藤孝先生が訳したちくま文庫版。

読み下し文の下に現代語訳が載っており、両方を同じページで読むことができます。

  • 「ちくま新書」からも斎藤孝さんが訳した「論語」が出ています。
    こちらは現代語訳のみのようなのでご注意を。

このちくま文庫版は、注や解説を「あえて載せてない」ところに大きな特徴があります。

斎藤先生自身、前書きでこういった趣旨のことを書いています。

「孔子の思想が現代人にも伝わるよう、それでいて格調の高さを崩さないよう配慮した。」

ちくま版は2016年初版と新しい部類。

岩波文版や講談社学術文庫など版を重ねた定番のものもあります。
これらは解説や注が豊富です。

が、学者・専門家でない一般人である私は、そこまで細々としたことまで知りたいとも思いません。

注や解説が多過ぎるとそのたびに目が止まったり、巻末までページを繰ったりして、むしろ読むのの妨げになることも。

また、これら定番のものは学問的な正確さを最重要視しているのでしょう。
どうしても訳が堅苦しく感じられます。

その点、このちくま文庫版は、孔子と弟子たちとのやりとりが実に活き活きとしています。

自身、孔子を敬愛してやまないという斎藤孝先生。

「本質を深く簡潔に言い切る」という孔子のスタイルを訳語において踏襲した、先生渾身の一冊ではないでしょうか。


おすすめです!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 論語 ちくま文庫/齋藤孝(訳者) 【中古】afb
価格:767円(税込、送料別) (2018/4/6時点)

 

あなたも今お気に入りの本や長年の愛読書などありましたら、ぜひ教えてくださいね。

-書評
-, ,

Copyright© 婚活応援!MOKUのブログ , 2018 All Rights Reserved.