婚活

婚活に効く習い事 体験談|キックボクシング

更新日:

こんにちは。MOKUです。

先日の記事で、婚活への一歩を踏み出せないでいる人に趣味の教室通いをおすすめしました。

今回は、私が実際に婚活中に通ったキックボクシングのジムについて書きます。

キックボクシング

きっかけは東日本大震災

キックボクシングジムには約2年間通いました。
きっかけは東日本大震災。

婚活をはじめて数年経過。

40歳を間近に控えながら実を結ばず行き詰っていた頃、東日本大震災が発生。

あのとき、会社最寄りの東京駅の駅前はパニック状態の人があふれ、どこかからガスの匂いも漂っていました。

余震で倒壊の恐れのあるビルで夜を明かす気になれず、東京駅から自宅まで。

15キロほどの距離を革靴のまま歩いて帰りました。

その後、余震と原発事故で戦々恐々の日々を過ごしたのは皆さんと同じです。

このとき二つのことを思いました。

  • 天災に備えて体力作りしよう
  • 人間いつ死ぬかわからない。後悔しないようやりたいことやろう

こうして、昔から漠然と憧れていながらやったことのなかった格闘技のジムに通うことにしたのでした。

想像以上にガチンコだった

通勤電車の途中駅にあり、以前から気になっていたジム。

総合格闘技のジムで、体験クラスがあったので参加してみました。

これが想像以上にガチンコなジム。

礼節を重んじる真に硬派なジムでした。

男女比率でいうと9対1。

いや、9.5対0.5くらい。

私はここのキックボクシング基本クラスに参加。

ちなにみ練習の流れは次のような感じです。

  • 正座しての黙想から開始。
  • ストレッチから
  • パンチやキックのシャドー。
  • サンドバッグ
  • 1対1でのミット打ち。
  • ライトスパーリング。
  • さらに補強トレーニング。
    (腕立て伏せや腹筋など)
  • 最後にまた正座して黙想。

恐ろしいことに、ド素人でもお構いなしに二日目からスパーリングをやらされます。

もちろん力を抑えた軽めのスパーリングです。

が、キャリア10年のマッチョやプロの選手も普通に混じっています。

先輩方は軽ーく蹴ってるだけでも、こっちは骨が折れるんじゃないか?

と思うくらいの激痛です。

それ以前に最初のころはストレッチの段階で息が上がってました。

ミット打ちやサンドバッグ、スパーリングにいたってはあまりのきつさに
途中から景色が黄色く見えたり、スパーリング中に気持ち悪くなって吐いたり(直前に流し台に走り込んだので実害はなし)。

先輩からの愛ある?ミドルキックで肋骨にヒビ入ったこともありました。

心の底から「やってよかった!」

同い年の友人にキックボクシングのジムに通ってることを言うと、

「この歳で何考えてるの?」

「今さら若い奴に殴られて、青アザ作って吐くほど動いて、何が楽しいの?意味不明」

などの意見ももらいました。

(はじめてしばらくは毎週バッキバキの筋肉痛で体中青アザ作ってました。)

そしてこうも言われました。

「結婚したいって言ってるのになんで男だらけのジムなんか通ってんの?そっち系?」

たしかにそういわれるのもまあ無理はありません。

どれだけ充実してたからって男女比率9.5対0.5じゃ、婚活には全然プラスにならないだろう?

そういう疑問もあろうかと思います。

しかしそれは違います。

確かにジムでは出会いの要素は皆無でした。

なにしろ「男塾!」って感じのジムでしたから…!

しかしここでへたくそながらも毎週絞り出すほどの汗を流すことで、気分も爽快。

40歳にして自分史上最高に引き締まった身体も実現。

朝早く起きて早朝ランニングをしたりと生活習慣も改善。

何より、まがりなりにも練習についていけるようになり、歳とってからでもやれるんだ!という確たる自信になりました。

おおっぴらには言いにくいものの、公然と人を殴ったり蹴ったりできるのも
やはり替えがたい魅力の一つ。

殴り殴られ

蹴り蹴られ。

はっきりいって殴られたり蹴られたりもある意味快感です。

少年の頃、山や川で日暮れまで駆け回って傷だらけだったころを思い出します。

大げさかもしれませんが「今、生きている」。

そういう感覚を思い起こすことができます。

40過ぎの未経験者でも思い切って飛び込んで本当によかった。

一点の悔いなく、心の底からキックボクシングをはじめてよかった!

そう思えます。

そしてこれら全てのことが婚活にとって隠れた、 しかし大きな大きなプラスになったことは間違いありません。

なのであなたも、婚活もそうですが、

「やりたいと思いつつやらないまま」

そういう趣味があるならぜひとも失敗を恐れずチャレンジしてみては?

以上、この記事はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-婚活
-, ,

Copyright© 婚活応援!MOKUのブログ , 2018 All Rights Reserved.