婚活

アラフォー男性の婚活 恥ずかし失敗談

更新日:

こんにちは。MOKUです。

GW明けから三日連続の雨。

梅雨でもないのに珍しいですね。

そういえば10年ほど前、
私はちょうどこの時期に
婚活を始めたことを思い出しました。

そこで今回は、
婚活スタートしてすぐの失敗談を
お話したいと思います。

失恋イメージ

 

友人の紹介で女性と意気投合

10年前のGW明け。

30代も後半に入り
遅まきながら危機感に駆り立てられ、
ようやく婚活を始めました。

活動を決意してすぐ、
折よく高校時代のクラス会があり、参加。

飲み会の席で
婚活を始めたことを告げたところ
後日さっそく一人の友達が連絡が入りました。

「まずは紹介するから
気軽に会ってみない?」

なんてありがたい・・!

お相手は、友達の奥さんの親友で
年はひとつ下とのこと。

1回目は友人宅で、
気軽なランチ会という形で
主に奥さんがセッティングしてくれました。

好みのタイプだし話も盛り上がった!

奥さんは自宅で手作りのカレーを用意して
場を作ってくれます。

友人には小さいお子さんもおり
(当時・・・2歳くらい?)

和やかなムードつくりに
貢献してくれました。

そして紹介された女性は、
可愛いし明るくて、
かなり好み。

職業はデザイナーだそう。

屈託なく笑うし、
すぐになじめる印象でした。

ただ、自分のことを、
時々すごく落ち込んでしまう性格だと
こぼしていたのを覚えています。

当時ちょうど派遣の仕事が延長されず
やや自信を失っているようでした。

この日はじめて会ったけど
会話はけっこう盛り上がりました。

(自己評価)

自信ありで告白!しかし・・・

2回目は新宿で二人で夕飯。

こちらからの誘いにも
快く応じてくれ
日程調整もとてもスムーズ。

会った当日も普通に楽しく食事し、
お互い酒がかなり好きな方。

2件目の店も当然のように行くくらい
意気投合しました。

そして3回目。

今度は初台オペラシティの
レストランで夕食することに。

いつも話していて楽しいし、
食事の誘いにもすぐにOKくれる。
お互い相手を探していて
紹介されあった身だし、いい歳同士。

うん、次は気持ちを伝えよう!

と決意。

食事も、続く2件目も

いつものように

2人ともよく食べよく飲み

楽しい時間を過ごしました。

そして店を出たあと、
ビルの広場の

小さな公園のベンチで
「付き合ってほしい」と告白しました。

しかし・・・

意外にもお相手は

戸惑っている様子。

あ、あれ・・?

どうやら、

こちらの気持ちが
先走りし過ぎていた模様・・(汗)

「気持ちは嬉しいけど、

すぐ付き合うどうこうは

考えてなかったから・・」

やんわりと断られてしまいます。

しかし、

「もうちょっと時間がほしい。
友達として会うのは全然OK」

と言われ、
希望はまだ残っている気配もあったので
めげずに頑張ることに。

追いすがるもメール途絶える

引き続きこちらからは積極的に
メールで連絡を入れ続けます。

※当時はまだLINEはありませんでした。

その後二度、
渋谷で会って食事したものの、

3回目までに比べると
以前にはなかった壁ができてしまった
感が否めません。

メールの返信も
はじめのころに比べ
だんだんと滞りがちに。

そしてついに
返信が完全に途絶えてしまい・・・

自然消滅、

ジ・エンド・・・。

となりました。

敗因分析

お互い30代半ばでもあるし、
早く気持ちを伝えたほうがよいと思ったが
焦りすぎだった模様。

正直言って、この当時、
女性と付き合おうとすること自体
10年ぶりくらいでした。

婚活はじめていきなり
タイプの女性と出会ったので
相当舞い上がっていたと思います。

3回目の食事の予約するときは
↓こんな風に当日の段取りを目論んでました。

「食事の後の2件目は
オペラシティの最上階、
夜景のみえるバーで軽く飲もう。

その後、オペラシティ1階の
噴水の見える広場
気持ちを伝えよう!」

30半ばの元ニート、
彼女いない歴10年のおっさん。

必死のアイデアです。

しかも・・そう。

いま思い出しました。

展望バーは
ピアノの生演奏

やってたんでした。
それで当時の自分は
このマイプランに
「お膳立て完璧。

    これでイケる!」


などと自信をもっていたのです。

・・・あー

恥ずかし。
そりゃ引きますよね。
今思い返しても

勘違い&前のめりっぷりが
痛いです・・・。

あえて教訓を

一昔前の話なので
記憶が曖昧なところもありますが、
婚活開始当初の失敗談を
振り返ってみました。

この体験から、
あえて教訓を述べてみます。

対象は、
元ニートなど訳ありだったりして
異性との接近にブランクのある人

です。

それではどうぞ。


・いい雰囲気だからといって
前のめりになり過ぎるな。
・一歩引いて自分を見よ。
・できれば一度、友人か誰かに
相談してみるべし。
・それでも不恰好な失敗は
避けられないだろう。

でもそれでよい。
数こなすうちに
少しずつはこなれてくる。

・フラれたときはショックだし
ひきずることもあろう。

でもきっと、
行動を続ければ
あのときがあるから今がある
そう言える出会いが待っている。


 

といったところでしょうか。

以上、
婚活当時の失敗談でした。

私の拙く恥ずかしい過去が
あなたの婚活に
少しでもお役に立てたなら。

これに優る喜びはありません。

ぜひ、失敗を恐れずに
行動してくださいね!



(おわり)

この記事への感想はいつでも歓迎です。

【コメントの送り方(3通り)】

●メールで送る
↓のメールアドレスにお送りください。
mokunosuke8@gmail.com

●メールフォームに書く
⇒メールフォームはこちらをクリック。

●コメント欄に書く
ページ下部の「コメント」欄に記入の上
「コメントを送る」をクリックしてください。




【あなたの婚活体験談を聞かせてください】
⇒ 婚活体験談募集中!



【婚活の関連記事】

女性のリアルな声集①
⇒ 婚活女性が男性に感じたそれNG!①

女性のリアルな声集②
⇒ 婚活女性が男性に感じたそれNG!②

◎オクテ男性必読です
⇒ 女性からの助言!婚活男性の服装

◎真剣交際中の衝撃の一言とは
⇒ 男性からの忘れられない一言

Over35で結婚した人に聞く
⇒ 結婚生活,出産育児はどんな様子?

-婚活
-, ,

Copyright© 婚活応援!MOKUのブログ , 2018 All Rights Reserved.