ドラマ

NHK土曜よるドラマ「植物男子ベランダ―」がじわじわくる

更新日:

こんにちは。MOKUです。

最近、娘が眠りについた後、
何気なく点けたテレビ番組に
面白いものが多くて、
録画する機会が増えています。

今回はそのうちのひとつ。

NHKで土曜夜11時30分からやっている
ドラマ「植物男子ベランダ―」
について書きます。

20180520.jpg

ドラマ「植物男子ベランダ―」面白い!


昨晩寝る前にたまたま観たNHKドラマ
「植物男子ベランダ―」が面白くてハマりそうです。

ベランダで育てる草花に優しく語りかける、
中年バツイチ男のつぶやき。

究極に地味だけど哀愁漂うおじさんの日常。

なんだかじわじわきます。

4月からはじまったドラマで
昨日は第6話とのこと。

でもじつはこの作品、
既にシーズン4だと知ってビックリです。

2015年からはじまり、
シーズン3まではBSプレミアムで
放送されていたんだとか。

植物さながら、
3年かけてじわじわ人気を育て、
NHK総合に移ってきたようです。

この人が田口トモロヲなんだ


主人公の孤独な中年男を演じるのが
田口トモロヲとのこと。

「プロジェクトX」の声の人!
ということしかしらなかったので
「この人が田口トモロヲなのか」と
新鮮な驚きでした。

都会の片隅でひっそり生きるおじさん役。

とても味わい深いです。

BGMの選曲もいい

物語中にかかる曲や
エンディングの選曲も好きですね。

昨日は、
ロッドスチュワートの「You're in my heart」
ガンズ&ローゼスの「Patiene」、
そしてエンディングが
大橋トリオ「贈る言葉」
などがかかってました。


どれも週末の深夜ドラマをまったりと観る気分に
ぴったりな感じでした。

花を愛でるオッサンの気持ちがわかる…


なお、昨日観た放送ででてきたのは
カルセオラリアという
聞いたことも見たこともない花でした。

・5月19日放送 第6話「風船と赤い金魚」の巻

マニアック過ぎて名前も聞き取れないですが、
べランダで風にふるふるゆれるカルセオラリア。

主人公が語るように、
水槽でゆらゆら漂う金魚そっくりで
愛らしく感じてしまいます。

子どもができてから草花に目がいくように

私、それから妻も同じと言ってますが、
子どもができてから
季節の草花に目がとまるようになりました。

お気に入りに登録している育児4コマ漫画ブログ
「あの日のもっちゃん」に次の作品があります。

⇒ あの日のもっちゃん「見落としていた風景」

外出中、花にしきりに興味をもつ娘と父親との
やりとりを描いた4コマ。

作者の丸本チンタさんの

「子どもが出来てから
本当に動植物に目がいくように
なりました。」

という添え書きにまったく同感です。

私も約1年前に娘が生まれて以降、
今まで素通りしていた草花が
なぜか視界に入ってくるようになっています。

これから娘が大きくなるにつれて
身の回りの花に興味をもつようになるでしょう。

「お父さん、あの花キレイだね。なんていう名前なの?」

そんな風に聞かれたときに、

「さあ~?知らない。なんていうんだろうね。」

じゃなくて、
せめて身近な植物くらいは
娘に語ってあげられる父親になりたいな
と思います。

いとうせいこうの原作も読んでみよう

このドラマは
いとうせいこうのエッセイが原作だそうです。

それがこちら。

「ボタニカル・ライフ―植物生活」 (新潮文庫)

 

都会暮らしのベランダで花を育てることにハマった
著者の体験をもとにつづったエッセイとのこと。

いとうせいこうの著書って
今まで手に取ったことないのですが
これはぜひ読んでみたいと思います。

ついでに「身近な草花」について
写真つきの解説本なんかも買ってみようかな。

明日さっそく会社のすぐそばの書店に行ってみます。

最後に、「植物男子」
次回第7話「初夏のパノラマ」の巻は、

NHK総合1ch
5/26 (土) 午後11時30分~放送です。

よかったら観てみてくださいね。

この記事はここまで。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

-ドラマ
-

Copyright© 婚活応援!MOKUのブログ , 2018 All Rights Reserved.