育児

ジョイントマットは必要か否か?1歳児のいるわが家の場合

更新日:

こんにちは。MOKUです。

夫婦とも40代で、昨年待望の
第一子を授かりました。

今回は、子どもの安全対策で購入した
ジョイントマットについて書きます。

20180528.jpg

ジョイントマットを追加注文した

昨日、ネット通販でジョイントマット
6畳分を注文しました。

もうすぐ1歳で、つかまり立ち期の娘の
転倒&頭ごっつん防止対策の一環。

4月に3畳分買って以来の追加購入です。

 

ジョイントマットに関しては、
必要だ。いや、要らない。

ネットでも様々な意見が見られます。

ちなにみ私は、
子どもがある程度大きくなるまでは
がっつり敷きたい派です。

でも、要らない派の意見も読んでみると
なるほどと思う点もありました。

以下、メリットデメリットを挙げて
整理しておきます。

ジョイントマットのメリット

1、子どもの頭ごっつんケガ防止

育児世帯の親がジョイントマットを
購入する動機の1位がこれ。

やわらかいウレタン素材なので、
おすわりやつかまり立ちから後ろに転倒しても
頭を強く打つ心配がない。

2、防音

マンション・アパート住まいの場合、
育児中の騒音は気になるところ。

特に子どもが大きくなるにつれ、
泣き声以外に物を落とす、投げる、
床におもちゃを叩きつけるなど、
階下に響く音はけっこうな難題。

最近はフローリングが一般的なので
物が落ちたときの音はなおさら注意
したいところ。

ジョイントマットを敷くことで
物音をかなりの程度抑えることができる。

3、手入れが簡単

子どもがミルクや食べ物をこぼしても、
その箇所だけはがして洗うことができる。

また、すぐに乾くので
ラグやカーペットに比べると
掃除の手間がかからない。

ジョイントマットのデメリット

ジョイントマットの主なデメリットは以下の3つです。

1、掃除が面倒

デメリットとして圧倒的に多い意見が
掃除の面倒くささ。

子どもがミルクや食べ物をこぼした場合
などは、その箇所だけはがして洗えば
いいのでラグなどよりずっと楽なはず。

でも、ジョイント部分のスキマに、
どうしても毎日のホコリが溜まる。

そのまま上から掃除機をかけても
吸い切ってくれないので、
はがしては掃除機をかけて元に戻す。

その手間が面倒だという声は
かなり多い。

2、インテリア性でマイナス

ジョイントマットを敷くと
室内が安っぽく、ダサくなる。

ということでイヤがる人がいる。

3、出費がかさむ
わが家の場合3畳分で約3,500円、
追加6畳分で約4,700円。

広い家や部屋に敷くとなると、
当然そのぶん費用はかさむ。

また、何年か使っている人によると
定期的に取替えが必要とのこと。

ずっと敷いていると、いつも踏んだり
座ったりしている箇所は硬くなって
マットの効果がなくなってくるのだそう。

↓ネットでみかけた意見。

 4人育児のママです。
インテリアが~なんて
すぐに言ってられなくなりました。
今や年1回総取替えしてます。
自宅は壁や床が石(大理石?)なので
ジョイントマットが無ければ
子ども達まじで死んでました。

(4人の子育て!頭が下がります。)

毎年総取替えするとなると
それなりの負担になりそう。

やはりジョイントマットは必要

上にも書いたように
デメリットに関して意見を読んでみて
自分では考えていなかった視点に
気づくことができました。

なるほど掃除が面倒なのは
その通りでしょうね。

軽くて簡単にはがせるとはいえ、
毎回はがして掃除かけて元に戻す。

確かに面倒くさそうです。

ただはやりわが家の場合は、
やはりジョイントマットは必要と
判断しました。

先日2週間の入院を終え
退院した娘(もうすぐ1歳)ですが、
半年先まである薬を
飲むことになっています。

医師からは、
この薬を飲んでいる間は
なるべく内出血、外出血しないように。

もし出血したらすぐに止血するよう
言われています。

そのため、普通の子どもより
手厚い転倒対策が必要
というのが理由です。

なのでむしろ、
部屋中に敷き詰めたいくらいです。

掃除は夫婦でこまめにやります。

定期的な総取替えも、
実際の使用によって異なると思いますが、
必要に応じてやります。

わが家は女の子ひとりなので
男の子が複数の家庭よりは
それほど傷みも早くはなさそうです。

インテリア性がマイナスになることは
優先度ランク外。まったく気にしません。

以上、
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ところで、
子どものぶつかり&転倒対策は
何歳くらいまで必要なんだろう・・・?

正直、第一子なのでよくわかりません。

両親はもうはるか昔のことなので
覚えてないし、
私たちが子どもの頃は
今のようなベビーグッズなど
なかったので参考にならず。

今このページを見てくれている人で、
育児の先輩パパママさんがいらしたら、
ぜひコメント欄から教えてください。

 

 

-育児
-

Copyright© 婚活応援!MOKUのブログ , 2018 All Rights Reserved.