健康

6/17健康カプセル 梅雨のだるさの正体は「湿邪」?

投稿日:

こんにちは。MOKUです。

40代で授かった待望の第一子(娘)。
日々の育児は喜びと驚きに満ちています。

ただし、同時に身体のアチコチが悲鳴を
挙げているのも偽らざる事実(笑)

 

そこで今回は梅雨時期のだるさを
改善する方法について書きました。

ちなみにネタ元は
6月17日(日)放送のTBS情報番組
『健康カプセル!ゲンキの時間』です。

 

「最近身体の調子がイマイチ・・・」
という人にはヒントになると思います。

ぜひ最後までお読みください。

梅雨期の不調は「湿邪」という病?

体調不良

まずは放送内容を簡単に紹介します。

  • TBS 健康カプセル!ゲンキの時間
  • 「梅雨の湿気が身体を蝕む!?湿邪ってなんじゃ!?」
  • 放送日:6月17日(日)

 

「梅雨の時期特有の体の不調。

その正体は「湿邪」という病気。

湿邪は東洋医学の病名。
東洋医学では、世界を構成する
エネルギーの元は「気」と考える。

我々が普段使ってる言葉の中にも
「気」がたくさん含まれている。

  • 暑気
  • 寒気
  • 陽気
  • 陰気
  • 元気
  • 湿気

 

気は、人間の健康にも大きな影響を
与えており、気が過剰に身体に溜まると
病気となる。

  • 梅雨期
  • 湿気が過剰に
  • 人間の身体に溜まる
  • 悪影響を及ぼす

 

こうして梅雨期には多くの人が
湿邪に苦しんでいる。」

湿邪を除去する「除湿ツボ」とは?

前段で番組内容をざっくり紹介しました。

では次に、
この湿邪という症状を改善するには
どうすればいいんでしょうか?

番組では具体的な対策が紹介されてました。

 

曰く、東洋医学では、
まるでエアコンの除湿機能のように、
体に溜まった湿気を取り除く方法が
あるとのこと。

 

それが「除湿ツボ」。

 

今回オススメの除湿ツボは2つ。

この2つのツボは、
過剰に溜まった湿気を取り除く
効果がある上、自律神経のバランスも
整えてくれるんだそうです。

除湿ツボ その1:湧泉(ゆうせん)


効果:活力UP

気持ち良いくらいの強さで朝晩2回。

左右それぞれ5~10回が目安。

除湿ツボ その2:三陰交(さんいんこう)


効果:血の巡りを改善

気持ち良いくらいの強さで朝晩2回。

左右それぞれ5~10回が目安。

三陰交は更年期のトラブルなども整えてくれる。

女性にとっては万能ツボ。

脚の血流量をアップさせるため、
むくみの改善にも。

除湿以外にもオススメ対策3つ

さらに番組では、
除湿ツボ以外にもオススメの対策が
紹介されていました。

それは、
【汗をかきやすい身体にする】。

 

普通、汗は蒸発するとき
気化熱を発することで
体温を下げてくれます。

しかし湿度が高いと汗が蒸発せず
体温が体内にこもったままになる。

 

これが様々な不調をひきおこす
一因となるそう。

汗をかきやすい身体にするための
オススメの対策は以下の3つ。

  • 外気に触れる
  • 軽い運動をする
  • お風呂にゆっくり浸かる

雨続きだと、つい室内にこもりがちで
運動不足に。

さらに冬と違って風呂もシャワーで
済ましてしまうケースが多いですよね。

 

つまりこれらの行動全てが
湿邪を招きやすくしてしまっていると
いうことになりますね。

まとめ:除湿ツボ、やってみます!

慢性のだるさ、重さ。

梅雨の湿邪がもたらすこれらの症状は

湧泉と三陰交、2つのツボを
朝晩10回押すことで改善(除湿)できる。

 

また、汗をかきやすくする身体に
することも大事。

 

以上が、番組で紹介されていた湿邪対策でした。

 

まさしく慢性のだるさに悩んでいる私。

朝晩2ヵ所のツボを10回ずつ
押すだけなら続けられそうです。

さらに1つ目のツボの湧泉は
首のコリにも効くそうで
今の私にピッタリ。

 

また、ツボは押すだけでなく
お灸もよさそうです。

半年前にひどい腰痛になったときに
使ったお灸がまだ残ってるので
使ってみようと思います。

 

ツボ押し+お灸で湿邪退散!

1歳になってますます元気に&
重くなるわが子に
負けない身体を手に入れます。

 

とりあえず1週間続けてみて、
変化の有る無しをまたこのブログで
シェアしますね。

 

もしあなたも、
身体がだるい・重いなどの
自覚症状があるなら、
一緒に一週間やってみませんか?

そしてぜひ感想を聞かせてください。

 

ともに湿邪を取り払って、
元気に梅雨を乗り越えましょう~。

以上、
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

-健康

Copyright© 婚活応援!MOKUのブログ , 2018 All Rights Reserved.