育児 防災

子供を地震から守る最善策⇒背の高い家具(本棚)自体を処分!

更新日:

こんにちは。MOKUです。

大雨の被害に遭われた方々に、
心よりお見舞い申し上げます。

 

さらに今晩は千葉県沖で大きな地震。

日本列島で相次いで起こる天変地異。

 

やはり備えはせずにいられません。

 

そんなわけで、土曜日の今日、
わが家では自宅の本と
本棚そのものの処分に取り組みました。

本棚

この写真はイメージです。

本棚を処分することを決意

幅約50cm、高さ約180㎝の本棚。

一番下の棚は絵本置き場ですが

そこから上は全部私の本が入ってます。

 

突っ張り棒は設置済み。

さらに飛び出し防止として
ホームセンターで買ったゴムロープを
横にはってはいます。

 

しかし、娘が一日のうち長い時間を
過ごすリビングに置いてあるこの本棚。

もしも大きな揺れが来たら、
絶対に安全とは言い切れません。

 

色々考えた結果、
本を大量に処分することにしました。

 

本の大リストラ敢行

本の大リストラ敢行!

残すのは現在の1/4まで
絞り込むことにします。

 

今読んでる最中、これから必ず読む本。

そして絶対に手放せない座右の本。

これだけ残して、
あとは大胆に処分。

 

いつかまた読むかも…
そんな感じで残した置いた本。

それから、積読でいつか、いつか読むと
数年経ってしまったものも
この際断捨離。

 

そして基本、小説はほぼ全て廃棄。

大好きな作品も、結局一度読んでから
何年もただの飾りになっているケースが
多いため、苦渋の決断です。

 

吉村 昭の
「破獄」「熊嵐」「漂流」「破船」

村上龍の「5分後の世界」
「ヒュウガ・ウイルス」

筒井康隆の「七瀬三部作」

 

大好きで何度も読み返してきた
これらの小説も、オサラバ!

 

また読みたくなったら
そのときあらためて買い直すか、
今後はKindleにします。

 

それから、

「俺って、こんな難しい本も読んだんだぜ!」

とアピールしたくてずっと残しておいた
「カラマーゾフの兄弟」や「罪と罰」なども
ついにサヨウナラです。

本の処分も勢いが大事!

本棚

いつもそうですが、
本を処分するときって最初はなかなか
作業が進みません。

手に取るごとに名残惜しくなって
しまって…。

 

でも、勢いがついてくるとこっちのもの。

 

迷ったら捨てる!

 

こうなるとバシバシ捨てられて
一種爽快な気分すら味わえます。

 

今日も午後後半はその境地に至り、
ほぼほぼ予定していた量の本を
段ボールに詰め終えることができました。

 

本当に本当に捨てられない本だけ残す。

 

これにより、残った本たちへの意識が
グッと高まる気がします。

 

捨てられた本たちのためにも
残った本たちは、自分の血肉になるよう
大事に読みたいと思います。

断捨離完遂でビールがうまい!

本を詰めた箱

土曜日のほぼ一日かけて終えた作業。

 

終わった後のビールのうまいこと!

 

なお、空っぽになった本棚は
当初処分してしまう予定でした。

でも、妻の発案で、
小クローゼット内へ移動させて、
今後は衣類専用の棚として
活用することにしました。

 

クローゼットの中なら
転倒の心配もなし。

有効活用できることになって
よかったです。

 

そして、
明日の日曜も引き続き家具処分。

衣類タンス、そしてテレビ台として
使っているスチールラックに着手します。

 

これらの処分が終われば
背の高い家具が一気に半減します。

 

家具そのものがなくなれば
倒れる心配もなし。

子供、家族の安全にとって
これこそが最善!

 

部屋も広くなって一石二鳥です。

 

というわけで明日もがんばります。

追記:「勢い」に関してひとつの気づきが・・・

 

ところで、
いまこうしてブログ書きながら
今日の作業を振り返っていて
ひとつ気づいたことがあります。

 

本だけでなく、部屋の片付けで
大事なのは、勢い。

 

勢いがつけば、
それまでとはギアが変わったように
作業がスイスイ進むようになります。

 

これ・・・
実は婚活、結婚にも当てはまると

思うんです。

 

「結婚は勢いだ」

多くの既婚者がよくいいますよね。

 

私自身もまさにそう。

不思議な巡り合わせというか、

本当に勢いで、突然急流に乗った感じで
あれよあれよと結婚式まで終わってた。

そういう実感があります。

 

スポーツでいえば「ゾーン」、

自己啓発系でいうと
「フロー」などに近い気がします。

 

婚活も、
いかにゾーンやフロー状態に持っていくかが
カギのような気がしてきました。

 

おお・・・片付けをきっかけに
なにか大きなヒントが得られた・・・

かもしれません。

 

この気づきはメモしておいて
引き続き考えていこうと思います。

 

というわけで今回はここまで!

-育児, 防災

Copyright© 婚活応援!MOKUのブログ , 2018 All Rights Reserved.