婚活 婚活アンケート

男性に聞く|婚活に疲れたのはどんなとき?対処法は?

投稿日:

こんにちは。MOKUです。

30代オクテ男性の婚活を応援しています。

 

特集企画、婚活本音アンケート。

今回は婚活男性に聞きました。

  • 婚活に疲れたのはどんなとき?
  • それをどう乗り切りましたか?

⇒ 女性に聞いた結果はこちら

疲れた男性

あなたは婚活において
「もう疲れた・・・」と
思う出来事を経験していますか?

でもその傷みは決して
あなた一人に限ったことでは
ありません。

 

この記事を読めば
そのことがわかります。

同志たちの体験談、
ぜひ最後までお読みください。

「少し気を抜いたらうまくいった」

32歳・男性

 

私は正直、
女性の容姿を重要視しており、
世間一般でいう面食いであると
自覚しています。

 

結婚を意識しはじめたときから
婚活パーティを利用するように
なりました。

しかし、
気に入った女性に限って
人気が集中してしまうため、
アプローチをかけても
うまくいかない時期が続きました。

 

結婚なんて、、と
何度も諦めかけましたが、
何度か足を運んでいるある日、

今日もダメなんだろうなと
やる気なく軽いノリで
パーティに参加したところ、
自分好みの女性と
うまくいくことができました。

 

積極的にアプローチも
しなかったので
サクラじゃないかと
疑問も抱きましたが、

変わった性格の女性で
ウマがぴったりで
お付き合いに発展しました。

 

少し気を抜いて
参加したときに

限ってうまくいく

これは本当だと思いました。

 

もし私のように
婚活がうまくいっていない方が
いたら、

頑張りすぎず期待しすぎず、
ただ継続的に参加していたら
必ずいい出会いが待っている
と思います。

それはもしかすると
近い未来かもしれませんね。

 

「そんな女と付き合っても無駄さ!」

25歳・男性

 

女性に見向きを
してもらおうと思い、
髪型を一生懸命セットしたり、
身なりを整えたりしていました。

それでも一向に
実を結ぶことが
ありませんでした。

 

一生懸命頑張っているのに
まったく結果につながらず
とても残念でした。

 

その際は

そんな女性とは、
付き合ったとしても
無駄だ。

と自分に言い聞かせるようにし、
気持ちを切り替えるよう
心がけていました。

 

「いつか見返してやる」

32歳・男性

 

両親や仲間たちに
「結婚はまだか」と
いつも聞かれていました。

どこか具合でも悪いのかと
興味津々に聞かれたり、
からかわれました。

その度にもう疲れたと
真剣に悩みました。

 

 

仕事が忙しくて
それどころではないと
誤魔化していましたが、

いつか見返してやる

との思いは持ち続けてました。

そして最終的に
今の妻と結婚できました。

 

「アルファ波の音楽で心を癒やす」

39歳・男性

 

私は結婚相談所を通じて
婚活をしていましたが、
あまり紹介を
してもらえなかったです。

その上、
紹介された数少ない女性も
私のタイプではない
人ばかり。

途中で疲れて
婚活を休んでます。

 

現在は、Youtubeの
アルファー波の曲で

心を癒やしています。

また、料理教室に通うなどして
自分を磨きつつ、
再開時期を考えています。

 

「守りに入り過ぎていて疲れた」

36歳・男性

 

私はいわゆる営業職の
仕事をしています。

女性との出会いの
きっかけが無いため、
出会いを求めて婚活パーティや
友人の紹介で合コンに参加する
といった方法で婚活をしていました。

それらの会に参加した回数は
年間で約30回前後でした。

 

「もう疲れた…」と感じたのは
女性と出会ってその後順調に
連絡を取りあう関係になったあと、

いつしか自分が嫌われないように
女性に気を遣って
コミュニケーションをとっている
ことに気付いたときです。

 

今思えば、
女性も私が気を遣っていることを
察知していたのかもしれません。

結婚できないかもという
気持ちがあり、
守備的になったことで
そのような接し方になっていました。

 

その後、
自分はもう結婚できなくてもいいと
思うように気持ちを切り替えることで
開き直ることができました。

 

その後も結婚はできていませんが、
必死に相手の様子を伺いながら
女性と接しているよりも
ずっと健全な気持ちで
パーティーに参加できるように
なった気がしています。

 

「パーティで相手にされない & 約束をドタキャン」

36歳・男性

 

婚活中に疲れて
もうイヤだなと思ったことは
二つあります。

一つは、婚活パーティー中に
まったく相手にされなかった時。

もう一つは、会う約束したのに
ドタキャンされた時ですね。

 

婚活パーティーは
やっぱり女性のほうが
少数であることが多くて
取り合いみたいな感じになります。

そんな状況だと
女性にまったく相手にされず、
話しても興味なさそうに
されると疲れます。

 

また、頑張って約束したのに
ドタキャンされ、後日その人が
同じ婚活パーティーにいた
違う男性と結婚したのを聞いて
疲れてウンザリしたことがあります。

 

「そろばん勘定で男をみる女性ばかり」

39歳・男性

 

仕事が忙しく、
なかなか出会いがないので、
婚活アプリやサークルなどに
顔を出して婚活してきました。

 

私の結婚相手の理想像は、
まず心が通い合うということ。

どんな苦労でも、
共に抱えて乗り越えて行こうという
心の絆が結べる相手です。

 

しかし、婚活をしている女性は、
どうしても「年収がいくらか」とか
「学歴がどうか」というところから
入る人が多いです。

つまりそろばん勘定で
相手を探しているような感じ。

それは仕方ないとは思うのですが、
そんな相手だと、結婚後、
いざ人生の苦難に直面したときに
逃げられるのではないかと心配です。

 

そんなこんなで、
なかなか納得できる相手に会えず
婚活に疲れてきています。

 

MOKUの感想

以上、婚活男性の
「もう疲れた・・・」体験談と
その対処法でした。

 

いかがでしたか?

 

普段のアンケートでは
女性に比べ、
男性の回答はあっさり短めな
傾向があります。

ところが今回は逆で、
かなりびっしりと
答えてくれる方が多かったです。

それだけ
「もう疲れた・・・!」体験が
多いということでしょうか。

 

さて、
男と女のすれ違いやギャップ。

前回の女性編でもそうですが
やはり婚活は甘くない。

険しい道だというのを
再確認させられますね。

 

その中でも、
最初の回答者の方の

「頑張りすぎず、
少し気を抜いて参加したときに
限ってうまくいく」

 

これはなかなかの
金言ではないでしょうか?

 

私自身、今の妻との出会いも
よく似た感じだったので
なおさらそう思います。

連戦連敗で疲れてしまい、
婚活を休んだあと。

ふとしたきっかけで舞い込んだ
紹介話に「ダメ元で」と
会った相手が今の妻です。

 

積極性はとても大事ですが
ガツガツしてると映ると
女性は引いてしまうもの。

ちょっと力を抜いたくらいが
その人のオーラも穏やかになり
いい空気を醸し出してくれる。

 

この塩梅は難しいですが・・・。

 

頭ではわかったとしても
はいそうですかと
できるわけではないと思います。

まずは思い切り数をこなして、
あるとき、フッと力が抜ける。

スポーツや武道に似た感覚です。

 

やはり最初は数稽古ですね!

---

というわけで、
最後まで読んでくれた
婚活男性のあなた。

何かひとつでも
ヒントを見つけてくださいね。

 

「読んだ」「参考になった」
で終わらせず、
ほんの小さな事でもいいので
実践してみるのがコツですよ。



(おわり)

この記事への感想はいつでも歓迎です。

【コメントの送り方(3通り)】

●メールで送る
↓のメールアドレスにお送りください。
mokunosuke8@gmail.com

●メールフォームに書く
⇒メールフォームはこちらをクリック。

●コメント欄に書く
ページ下部の「コメント」欄に記入の上
「コメントを送る」をクリックしてください。




【あなたの婚活体験談を聞かせてください】
⇒ 婚活体験談募集中!



【婚活の関連記事】

女性のリアルな声集①
⇒ 婚活女性が男性に感じたそれNG!①

女性のリアルな声集②
⇒ 婚活女性が男性に感じたそれNG!②

◎オクテ男性必読です
⇒ 女性からの助言!婚活男性の服装

◎真剣交際中の衝撃の一言とは
⇒ 男性からの忘れられない一言

Over35で結婚した人に聞く
⇒ 結婚生活,出産育児はどんな様子?

-婚活, 婚活アンケート
-, ,

Copyright© 婚活応援!MOKUのブログ , 2018 All Rights Reserved.